企業再生レポート
資金調達.com企業再生sell&leaseback企業再生 中小企業再生の緊急救命室

2014年03月12日

永続する中小企業とは?オリジナリティー

昨日、夜遅くにてテレビを見ていますと
「矢沢永吉」の特集番組をしていまして
私も深夜までついつい見入ってしまいました。

その番組は「還暦」を迎えた矢沢永吉の東京ドームコンサートの
メイキング番組でした。
そして、「還暦=60歳」を迎えた矢沢氏が、そのコンサートのMCで
いていたフレーズに気になる一言がありました。

「俺は日本で初めて60歳を超えたロックンローラーだ!」

実際はもっと高齢なロッカーはいるでしょうが
あそこまで現役のロッカーは矢沢氏の他にはいないのでは
ないでしょうか。

それほど彼の「動きと声」は「現役」と言うのにふさわしいものでした。


結局私が感じたことは
あれほど「かっこよさ」にこだわった人は彼をおいて他にいない
ということです。
ですから矢沢氏が
「俺は日本で初めて60歳を超えたロックンローラーだ!」と言っても
誰も文句も言わないのではないかと思いました。


さて、前置きが長くなりましたが
日本で「矢沢永吉」はただ一人で
彼に似た歌い手はいないということです。

それは彼の道程や生き様の凝縮がそのように感じさせるのかもしれませんが
少なくとも似た人もいません。

おそらく矢沢氏は頂点をという意味で似た人がいないということでしょうが
これを中小企業に置き換えると、良くも悪くも
あなたの会社は
あなたの商圏で他社と比べて、似た会社が有るか無いかという事が
大変重要
になります。

わずかでも他社にない「オリジナリティー」を作り、それを育てる
「オリジナリティー」と言っても簡単に作れないでしょうが
何らかのサービスや製品、価格等のファクターの中で
1点でも2点でも他社にない点を作り、それを増やしていく・・・
そんな積み重ねが生き残る条件です。

高度成長期は、自社よりも優れた会社をベンチマークし、
それをそっくり真似るというような戦術があったかもしれません。
しかし今は残念ながら「右肩下がり」の時代なのです。

何より大事なのは「他社に無いものがある」という事です。

わからなくなったら「矢沢永吉」を思い出してください。
あの歳で結構しんどいと思いますが
彼が普通の60歳だったとしたら
多少歌がうまくても東京ドームは満員にはなりません。


あの声、体型、動きを維持するのにどんな努力があるのでしょうか。
考えただけでもしんどいですね。

しかし、あなたは「矢沢永吉」ではありません。

あなたの商圏で他社と比べてちょっとでも「他社に無いもの」を考え
増やし、育ててください。

もしもそれを消費者が支持したなら
あなたの会社の発展は「未来永劫」に近づくでしょう

 

Copyright c 2008 アドバンスパートナーズ All Rights Reserved Powered by geniusweb