企業再生レポート
資金調達.com企業再生sell&leaseback企業再生 中小企業再生の緊急救命室

2016年02月26日

中小零細企業の再生の必須条件〜資金繰り

企業再生の必須条件の第一番目で申し上げた通り

営業黒字が絶対の条件です。

営業で黒字が出たとしても
多額の手形を受領しなければいけないような取引では
それこそ、第2次破綻が起きかねません。

損益面では
(月間売上高−月間仕入高−月間経費=黒字)
としなければなりません。

ただ、資金繰りで考えたときに

(月間売上の現金収入−月間仕入の現金支払い
            −月間経費の現金支払い=赤字)

であれば、プラスに変更しなければなりません。
それができれば銀行に頭を下げて
資金を借り入れることなく経営できるのです。


では、マイナスのときどんな手段があるのでしょうか?

@掛け売り(売掛金)があるとき…
入金までのサイトを短くなるように交渉します。
回収期間が短くなったのですから
その分の金利などの支払いを条件に交渉すればどうでしょうか。

A原価支払が現金のみでサイトが短いとき…
先ほどの逆で支払いまでの期間を長くなるようにお願し
現金払い(手形でない)とすること強く申し出て交渉し、
当月締め分を翌月に決済するのではなく、
翌々月以降の決済などの条件になるようにします。

B(月間売上の現金収入−月間仕入の現金支払い
         −月間経費の現金支払い=赤字)の場合…
一般的には新会社の資本金でまかなうか、
そのマイナス分を金策する必要があります。

しかし、この場合が一番大変です。
例えばもらった手形が災いしているのであれば、
それを割ってくれる金融機関を探さねばなりません。

2016年02月08日

中小零細企業の再生必須条件

借入金なしで資金繰りが成り立つ方法とは・・・

元来、会社の資金が余る、足らないという現象は
なぜ起こるのでしょうか?


まずその月末の資金残高は、
売り上げの入金額から仕入れ金額を引き、
更に給料等の経費を支払った残りです。


資金収支

{ 月間売上の現金収入 - 月間仕入れの現金支払 
           - 月間経費の現金支払 = 黒字収支 }

上記のようになれば、新会社は銀行から借入する必要はなく
極端に言うと資本金も不要ということになります。

そんなにうまくいくものかとのご批判があろうかと思います。

例を挙げてご説明いたしますと、
飲食店をイメージしてください。


日々の売り上げはほとんど現金のはずです。

もしもカード受け取りや、
掛け売りがなければ月末には現金残高があるでしょう。


一方、支払いは業者から食材等を購入し、
最短で月末に支払ったとしても
売り上げから原価を引いた【粗利益部分】が残るはずで
その【粗利益】から経費(給料やその他の経費すべて)を引くと
【純利益(税前利益)】としてのキャッシュが残ります。

あまりにも当たり前過ぎて
「それがどうなんだ」と怒られそうですが、

これがすべてです。

収支バランスとして
売り上げと仕入れなどの決済の期限到来は
いずれかが早いか遅いかという問題がありますが
ここでは置いておきます。

それでも半数以上の業種では、

(月間売上の現金収入-月間仕入れの現金支払
             -月間経費の現金支払=黒字収支)
ではないでしょうか。

もしも、これが赤字収支なら、黒字収支になるようにしなければなりません

 

Copyright c 2008 アドバンスパートナーズ All Rights Reserved Powered by geniusweb