企業再生レポート
資金調達.com企業再生sell&leaseback企業再生 中小企業再生の緊急救命室

2017年02月20日

永続する中小企業とは?再生時の社長の考え方についてその(心の自信)

企業再生を進める過程で多くの社長さんが悩む問題があります。

それは、いわゆるいい人ほど感じることかもしれません。

本当に経営に困窮し
一時は毎日どうやって死のうか駅のホームに立ち、
列車が来るとふと線路に飛び込みそうになる自分が怖い
というような日々を乗り越え、社長自身が再生するという強い意思をもって
我々と一丸となり再生スキームをこなしていると言うときから
ある程度一段落したときに、感じる不安感です。

それはなんでしょうか?

再生を決意した心の流れを整理すると、

返せない借金がある
 ↓
自殺するより生きて家族や社員を守る
 ↓
取引先等に迷惑をかけないで再生したい
 ↓
経済人として必ず復活する
 ↓
借入先(金融機関)までは返せない

と言うように生きる自信を取り戻し
家族や社員、取引先に迷惑がかからなかったとしても
銀行への借入が残り
それが法的(銀行の経済的合理性)に問題なかったとしても
「踏み倒した借金がある」という事実が残ります。

元々返せない借金があったから再生したわけです。
つまり、
だれかに(金融機関)に迷惑をかけたことには違いないのです。

逆に言うと「返せない借金」があるから再生したわけで、
再生できなければ「死んでお詫びする」しかなかったのです。
なにもこれは開き直っているわけではなく
死んだほうが家族や社員を悲しませ
且つ迷惑をかける範囲がおおきくなるので
「だれかに(金融機関)に迷惑をかける」という
究極の選択をしたのです。


では、冒頭に申し上げた「ある程度一段落したときに
感じる不安感」とは、なんでしょうか?

それは、再生しても「だれかに(金融機関)に迷惑をかけた」
と言う事実が人として自分を許せないのです。
でもそのとき「返せない借金」があり
「踏み倒した借金がある」という事実は消し去りようがないのです。
では、そんなとき人間としてどんな考え方ができるのでしょうか?

私は、人間の価値観(生き方=目標)に順序をつけると

1、多くの人から尊敬に値すると認められる人
2、自信を持って多くの人と共に力強く生きてゆく人
3、自分の事しか考えられない人
4、生きる自信が無く死んでしまう人

大まかに言うとこんな順序になります。


もしもあなたが
「多くの人から尊敬されたい」という目標を持つなら
消し去りようが無い事実は大きく圧し掛かり晴れることがありません。
しかし、「自信を持って多くの人と共に力強く」と考えると
企業再生 = 力強く生きてゆく ということかもしれません。


では、なにが正解でなにが間違いなのでしょうか?

間違いも正解もない、あなたしだいと言うことです。
そんな中でわたしの考えを言わしていただきますと

「自信を持って多くの人と共に力強く生きてゆく人」が
できたなら
「多くの人から尊敬に値すると認められる人」になる
努力をします。
「自信を持って多くの人と共に力強く生きてゆく人」ができないのに
「多くの人から尊敬に値すると認められる人」を
考えてもしょうがないと思うからです。


私は
人生とは
日々階段を登るようなものであり
10段登ると11段目がきて
11段登るとまた次の段がくる。
実際
これは苦労かもしれませんが
死ぬまで修練できる場が人生なら
死ぬまで人間は成長できるし
またこれを楽しめばいいと思うのです。

一度や二度失敗しても
「多くの人から尊敬に値すると認められる人」に
なりたいと思っていると目の前に階段は現れるでしょうし、
気持ちがあれば登ればいいのです。
実際、「多くの人から尊敬に値すると認められる人」とは
「どれだけ多くの陰徳を積んだか」と言うことかと
私は考えます。

この考え方に立ち返ると階段を登るチャンスは
日々瞬間瞬間おとずれているはずです。

2017年02月13日

永続する中小企業とは?再生時の社長の考え方についてその4(正義)

前回のつづきです。

まず、
「何が正しかったか?」について
考察していきます。

今回の企業再生では
弁護士が再生のスタッフに入ったことにより
大方のコンプライアンス(法令順守)は守られています。


守られたことを箇条書きにすると、


1、債権者に対し極大返済(最大限の弁済)が出来ている。

2、債務者は経営者の個人資産弁済を含めて最大限の弁済をした。

3、債権者>従業員の雇用の確保>企業継続による
  取引先の連鎖倒産回避 の優先順位で再生がなされた。

4、新会社であるB社の新規必要資金がC社から調達できた。

5、A社と保証債務的に見て無関係のB社が生まれ、
債務と事業の分断がなされた。


次に、「何が間違っていたか?」を考えます。

1、B社の新社長は、C社の幹部であり、
  事実上せっかく再生したB社は、C社に乗っ取られた。

2、A社の元社長は、B社の一般社員という建前で、
  今まで通り経営者をやっていたがC社に認められず
  B社にいられなくなった。

3、A社の元社長は、職をなくし現在無職で職探しをしているが
  高齢のためなかなか困難である。


以上、間違っていたこと、何が正しかったこと、を列挙しました。


まとめると、

@企業再生においてオリジナル(元々の会社)の社長の優先順位はない。
A法令に反する資金(隠し金)は使えない
B再生する場合、資金援助するスポンサーが必要

この3点が結論です。


これをまともに守って再生すると最悪の場合、 
企業再生に成功しても、上
記の結果のごとくライバル企業に「乗っ取られる」のです。
社長が長年思い入れをもって育ててきた会社が
いとも簡単に取られてしまいます。

では、どうすればよいのでしょうか?
➀、A、Bを守る(守る=守った形をつくる)ようにすれば
よいのです。

中小企業である自社を守るのも、捨てるも、乗っ取られるも、
社長のあなた自身にかかっています。
ただ知識として様々な企業防衛手段を知らなければ
こんな不幸はありません。

どうか我々と一緒に企業再生について勉強してください。
あなたの会社と社員と社長自身のために。

 

Copyright c 2008 アドバンスパートナーズ All Rights Reserved Powered by geniusweb