企業再生レポート
資金調達.com企業再生sell&leaseback企業再生 中小企業再生の緊急救命室

2017年10月24日

経営危機の回避法とは?その6

B経費を削減する−その2

わたしが何を言いたいかというと「中小企業は利益が薄く、
毎期毎期薄氷の上を歩いているようなものだ」ということです。


ですから、月次決算において

売上−原価−経費=利益は、
絶対に黒字をキープしなければならないという事です。


しかしながら、長年勤めていただいた社員を切ることは、難しいですし、
経費もそう簡単に減るものではありません。

私も以前に会社を経営していたときコピーを出来るだけしないようにするとか、
もちろん明るければ照明をつけない、夏でもエアコンをつけない、
終いには社員の机の中を開けて余ったボールペンを集めて予備にし、
注文しないようにしたりと、したものでした。

場当たりの対処ばかりしていますと社長自身と社員のモチベーションを下げ、
加速をつけて負のスパイラルに落ち込みます。


この前、テレビで見たのですが、国内のある自動車会社では、
全社をあげてカラーコピーが禁止になり、何十何百台ものコピー機が、
搬出され白黒専用機に交換されている番組をみました。

たしかにカラーと白黒では、30円に対し3円と10倍ほどの差はありますが、
あれは会社として社員に対するパフォーマンス的要素の意味合いが
大きかったのではないかと思います。

経費を削ると思うから「厳しい、しんどい、辛い」のです。

逆転の発想をしましょう。

つまり、経費とは節約するものではなく、利益を増やすものという発想です。


利益=売上−原価−経費

利益とは上記の算式です、(−経費)=(利益を増やす)という発想が必要です。


次回に続く



 

Copyright c 2008 アドバンスパートナーズ All Rights Reserved Powered by geniusweb