企業再生レポート
資金調達.com企業再生sell&leaseback企業再生 中小企業再生の緊急救命室

2017年12月27日

社長の経営哲学その3(事業と商売)

直前2回で事業と商売の違いを感覚的に記述しましたが、
もう少し深掘りします。


どの企業の経営者や経営幹部も新規事業や
新年度事業計画を組むときの考え方として、

売り上げ−原価―経費=利益

と言う方程式で考えますが、
それぞれのファクター(売り上げ、原価、経費)で詰めに詰めて考えます。
つまり、

売り上げ=いつ、どこで、だれが、いくらで、どれだけを
原価=だれから、いくらで、どのくらい、いつ、どのようにして
経費=だれを、いくらで、いつからいつまで、何時間を、どれだけで

と言うように3つのファクター(売り上げ、原価、経費)だけでも
数字に影響する要因はこのくらいに細分化されます。

3つのファクター(売り上げ、原価、経費)に対し、5つくらいの因子があり、
条件で言うと5×5×5=125通りの利益があるということになります。

これだけのケースがあると絶対に利益がピタリと合うということはありえません。
よって、計画上は(掛け目)で調整します。

9掛け(90パーセント)、8掛け(80パーセント)、7掛け(70パーセント)
と言うようなことです。
つまり中小企業にしても大企業にしても大なり小なり
事業計画の最後の決定は9掛け、8掛け、7掛けと言うような
非常にアバウトなことになっているというのが実態でしょう。


このように事業計画を積み上げ方式(掛け算)で
利益を考えるよりも中小企業の場合は、
まず、

1、一ヶ月に○○○万円を儲けられるか?
2、それはいくつの商いで一ヶ月に○○○万円を儲けられるか?
3、だれとだれで一ヶ月に○○○万円を儲けられるか?
4、一年中できるか?若しくは何ヶ月できるか?

というような足元から固める発想も必要です。

私が何を言いたいのかを要約すると、
「社長は、事業計画を積み上げ方式(掛け算)で作っても良いが、
これはあくまでもバーチャルであり、実際にだれがやるのかと
言うような足元から固める発想が必要不可欠である」と言いたいのです。

よく計画を作るときに、実際にいない社員の人数をカウントしたり、
出来るか否かわからない社員の実績を予定したりして
数字上の「売り上げ−原価―経費=利益」を算出しますが、
たいがい外れます。

結局は、社長が考える「足元から固める発想」の方が
「当たらずも遠からず」ではないでしょうか。
つまり計画とはバーチャルであり、実際は今あるものしか使えないという
事実は曲げられないからです。



 

Copyright c 2008 アドバンスパートナーズ All Rights Reserved Powered by geniusweb